FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuueda.blog90.fc2.com/tb.php/24-f631f5f0

トラックバック

コメント

[C15] 何故を説明する

ともすると内なる情念だけで表現しかねませんが、
何故その色を使ったか、何故その書体を使ったか、
何故その写真を大きく扱ったかを説明することって
大切ですよね。
まさにアートとデザインの違いがそこにありますね。

[C17] Re: 何故を説明する

そうですね
英語で説明というのが厳しかったです
  • 2012-04-21 13:59
  • amuueda
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Editorial Design



3月の末にuniversity of the artsのchelsea collegeで開かれた4日間のeditorial design講座に参加しました。
この講座、実は昨年12月末に受講したかったのでですが、人数が集まらなかったのか開講されず
今回、念願かなっての受講となりました。

写真は1日目の講座後の様子です。
雑誌・新聞などではどのようなフォントが何種類使われているのか、使っている色は、どのような写真・イラストがあるのかなどを切り出し、並べて分析しました。
それぞれの雑誌・新聞ごとに個性があることがわかり、とても興味深かったです。

2日目にはグリッドシステムについて。
適当な雑誌を持ち寄り、なぜその雑誌を選んだのか、その雑誌で使われているグリッドを調べて自分で作図します。
定規が苦手なので、苦労しました。
その後、適当なテーマを決めてオリジナルの雑誌を作るとしたら、という設定で
版型からグリッドまで全部を決めて、作図しました。

3日目は、2日目の続きと簡単なInDesignの使い方です。
日本語版のInDesignには慣れていますが英語版を使うのは初めてでした。
当然のことながら表示はすべて英語ですがなんら難しいことはなく、
日本語版の日本語組版用のシステムを取り除いた分、すっきりしている感じがしました。

4日目の最終日にはそのInDesignを使って、講師が用意した記事をデザインしました。
全日を通して、作業自体はそう難しいことはありませんでしたが、
なぜ、そのフォントを使ったのか、その写真を選んだのか、そのようにレイアウトしたのか等を
説明しなければならず、大変でした。

今後に役に立てばと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuueda.blog90.fc2.com/tb.php/24-f631f5f0

トラックバック

コメント

[C15] 何故を説明する

ともすると内なる情念だけで表現しかねませんが、
何故その色を使ったか、何故その書体を使ったか、
何故その写真を大きく扱ったかを説明することって
大切ですよね。
まさにアートとデザインの違いがそこにありますね。

[C17] Re: 何故を説明する

そうですね
英語で説明というのが厳しかったです
  • 2012-04-21 13:59
  • amuueda
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。