Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuueda.blog90.fc2.com/tb.php/34-d11fcf6b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

バルト三国2

120808.jpg


翌日はチェックアウト後、早々にエストニアを出発することにしました。



エストニアからラトビアへ向かう長距離バスの発着所は市街地から少し離れたところにあるようで、トラムに乗る必要がありました。
たぶんこれだろう、というトラムに乗り込んで運転手さんに「長距離バスターミナル」とエストニア語で書いた紙を見せました。すると運転手さんは妙に嬉しそうにうなづいてくれたので、チケットを買おうとしたところ車内に券売機がなく、どこでチケットを買えばいいのか、身振り手振り尋ねました。
運転手さんが英単語をつなげて、身振り手振り言うには「お金は払わなくていいから、そこに座りなさい」とのこと。指された席に座るとにっこりしてトラムを発車させました。20分も走ったところで、あるバス停に停車すると、運転手さんと先ほどのやり取りを見ていたであろう乗客の人たちが「ここだ、ここで降りろ」というようなことを言って外を指差しました。けっきょくわたしは一銭も払わずにトラムを降りました。
実は前日街をウロウロして知ったのですが、エストニアに限らずバルト三国ではほとんど英語が通じません。仮に通じたとしても、彼らの話す英語は訛りがキツくて何を言っているかわかりません。今回の旅行でまともに英語を話せた現地人は、このあとに行くラトビアで泊まったゲストハウスのおじさんだけでした。


バス発着所でチケットを購入しました。
エストニアの首都タリンからラトビアの首都リガまでは5、6時間かかります。初めはバスの外の景色を楽しんでいたのですが、気づいたら寝ていました。
もう少しでリガに到着するという頃、目を覚ましました。バスで国境を超えるのは初めてだったので、その瞬間を見たかったのですが、いつの間にか通りすぎていたようです。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuueda.blog90.fc2.com/tb.php/34-d11fcf6b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。